難病・希少疾患オンラインお茶会を予定しています。

おはようございます。
すっかり秋らしくなって、紅葉が待ち遠しくなってきました。

私は昨日、仲良しの重度心身障がい児ご家族20名ほどで集まってハロウィンパーティを開催しました

それぞれの一番大変だった入院生活を知っているので、病院以外で元気な姿を見られるのが本当に嬉しく感じてしまいます。

3時間の会のほとんどは近況報告で過ぎて行きました。
知らない間に入院して胃たり、旅行に行ったり、引越していたり

普段はライングループで繋がっていますが、中々細かい近況は報告しないもの。

リアルで集まれる会は年2-3回ほどしかない上、子供の体調などで参加できない人も多く開催も一苦労です。

CARE LANDの人気コンテンツの一つ、オンライン交流会は「自宅にいながら、気軽に楽しいおしゃべりや相談ができる場所を作りたい」

という想いからスタートしました。

これまで、小児癌・精神疾患・引きこもりなど様々なテーマで開催してきました。

1時間ほど参加者とファシリーテーター・時には専門家を交えながら、生活の工夫や困り事を共有しています。

11月は難病疾患の方を対象にしたお茶会を開催する予定です。

以前のオンラインお茶会では「同じ病気の人に初めて出会い、一人じゃないんだと初めて実感しました」そんな感想を頂きました。

そんな機会を一つ一つ増やしていきます。