CARE LANDのこれから

CARE LANDをリリースして10ヶ月が経ちました。
お申し込み疾患も500疾患を超え、様々な立場や想いを持つ方にご利用いただき、日々気づきをいただいております。

今日は改めて、私たち運営スタッフが目指すCARE LANDというプラットフォームのあり方についてお話させてください。

CARE LANDは「疾患特化型SNS」という今までになかった新しいジャンルに挑戦しています。
それは私たち運営スタッフが、病気に関わることを気兼ねなく話せる場所が少ない・情報が得にくい。という体験を通して生まれました。

CARE LANDは病気・障がいに関する「情報共有サポート」と「孤独感の軽減」という2つの目的をすべての人が平等に得られる場所を目指しています。
そのためにコミュニケーションを重ね、お互いの理解を深め合うことを大切にしています。

500疾患以上の人がいますので、もうここは小さな社会です。コミュニケーションの中で、意見の食い違いや認識の違いは当然起こってしまうと思います。

CARE LANDは、ルールで誹謗中傷を禁止しています。その為、現在様々なコメントの対応において、謝罪の言葉を拝見しますが、悪気があったり、中傷をしようと書いたコメントはないと認識しております。受け取り手の取り方はございますが、中傷に値する投稿があれば、それは運営事務局により削除なりの対応をいたします。
皆さまが円滑にコミュニケーションを取れるルール作りなどは、鋭意専門家にも相談の上進行中でございます。
しかしながら、私たち運営者が皆さまの疾患を直接的に治して差し上げることは出来ません。また、利用者様個人個人、個別に心理的なカウンセリング、やり取りを請け負う方針もございません。

プラットフォーム運営者としてCARE LANDという場をプラスの連鎖を生む・意味のある場所として保つということ関してはスタッフ一同全力で取り組んで参ります。

運営者へのご質問等ございましたら、公式掲示板の機能改善掲示板にてお待ちしております。

CARE LANDが皆様の人生をより良くするための場所であり続けられるよう、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。