【ご報告:NEC社会起業塾生に選ばれました!】

この度、企業が主体となって社会起業家の卵を支援していく『社会起業イニシアティブ』(NPO法人 ETIC.主催)に、「NEC社会起業塾生」として参加することが決定しました。


エントリーから約3ヶ月間の選考プログラムを経て、今年度は9団体が社会起業塾生として採択されました。
CARE LANDは、NEC様と一緒に半年間事業をブラッシュアップしていきます。

1年間CARE LANDが行ってきた取り組みを強化し、より「病気・障がいと関わる人のためのオンラインコミュニティ」として、たくさんの人の生活の役に立つサービス作りを行なっていきます。

誰でも・いつでも・どこでも、安心して情報と仲間にアクセスできる。
そんな未来を皆さんと一緒に創っていきたいと思っています。

3ヶ月間の選考プログラムでは、ETIC.の皆さんに「社会を変えるとは何か」という事を繰り返し教えて頂き、実践に活かしてきました。
本プログラムでは、企業や他団体など、様々な方の助言を頂きながらさらに実践を重ねる半年間にしたいと思っています。

今後ともCARE LANDをどうぞよろしくお願いいたします。

プレスリリース
https://jpn.nec.com/press/201809/20180913_01.html

===NEC HPより抜粋===
NECは、若手の社会起業家育成プログラム「NEC社会起業塾」(注1)の2018年度塾生(第17期生)として2団体を決定しました。

NECは、「NEC社会起業家育成プロジェクト」(注2)の一環で、2002年からNPO法人ETIC.(注3)と協働で、「NEC社会起業塾」を実施し、当社が取り組むべき社会課題と親和性の高い社会起業家60団体を支援してきました。

2018年度は、応募45団体のうち、事前選考会を通過した15団体のプレゼンテーションを審査し、最終選考会にて、病気・障がい当事者と家族のためのオンラインコミュニティを運営する「一般社団法人日本障がい疾患家族支援協会」と、シニアと東南アジア連携をテーマとして事業加速を目指す「株式会社Helte」への支援を決定しました。また今年度は、「社会起業塾イニシアティブ」(注4)で、「NEC社会起業塾」の卒塾生2名が、先輩起業家としてサポートを行います。

NECは、社会を変える大きなインパクトを創出する可能性を持つ社会起業家とともに学び、新しい価値を見出していく創発の場を通して、将来的な協働や連携も視野に入れた、さらなる社会価値創造を目指していきます。